うさぎのPちゃん 闘病記 4 
〜 獣医との やりとり 1 〜



Pちゃんの容態が急変したときに、慌てて担当獣医に電話をいれました。
「痙攣を起こし、息をしていない」と伝えると
「息をしていないならもう無理です。」と即答されました。

それでも諦めきれないので、
「なんでもいいから対処法を教えてください!」と言うと
「おなかをさすってください。」と言われました。


数分で帰宅し、その後にも人工呼吸やマッサージを試みていると
院長から自宅に電話がありました。

「その後どうですか?」
「私たちは誠意を持って尽くしましたが残念です。」
と言われました。。。

「あの対応で、とても誠意は感じられなかった」と言うと
「そのように感じたのならすみません。」

・・・のようなやりとりがありましたが、
突然のことに動揺し、感情的になっていたので
詳しいことは覚えていません。


Pちゃんへの処置を続けるために、電話を切ろうとしましたが
「(診察終了時間の)15時までしか連絡は取れませんよ。」と言われました。

でも、とても話をしている気分ではありませんでした。
そうしている間にも、Pちゃんはどんどん冷たくなっていったのです・・・



今朝まで元気だったのに・・・
それなのに今、腕の中で死んでしまったという現実が
なかなか受け入れられませんでした。

病院に行かなかったとしたら、ほぼ間違いなくPちゃんは今も生きていたはずです。

なんでこんなにつらい思いをさせてしまったんだろう?

後悔でいっぱいでした。




翌日の9月16日
ペット霊園で火葬しました。
遺骨は家につれて帰り、毎日お花とお線香をあげています。



・・・想い出のいっぱい詰まった写真を集めて遺影にしました・・・


NEXT


HOME







SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー